« Felice Anno Nuovo, 2010 ! | トップページ | 暴君ネロの別荘跡 »

2010年1月10日 (日)

ソフィア・ローレン自伝の撮影

ちょっと前の話なのですが、去年の10月に、私の住む街のボルゴ・メディエバーレ【中世の地区】で、イタリアを代表する女優のソフィア・ローレンの自伝の撮影が行われていました。

Jjj_017_3

真中のピンクの帽子の女優さんが、ソフィア・ローレン役。

貧しい幼少時代を過ごしたナポリの外れの街、、、そこに里帰りしているという設定だったようですが、エキストラの子供達の1940年代の衣装が、甘く懐かしく良い雰囲気でした。

Jjj_022_2

リハーサル中のエキストラの子供たち。手前はスタッフさん。

ソフィア・ローレンと言えば、私にとっては、やはり、1969年のマストロヤンニ共演の

『ひまわり』。

今でも、涙なしには見れない名作です。

彼女は写真だけ見ると、目と口と胸の大きな、ちょっとおっかない女の人ですが、(子供の頃、何でこの人が美人なのか、ずーっと疑問に思ってました・・・笑)演技力はどこまでも深く、圧倒的な存在感、南イタリアの女性像を象徴する逞しい女性を演じたら、右に出る人は今も居ません。

75歳の現在でも、お綺麗です。

このところの映画って、CGの多用ばかりで、昔のイタリアのリアリズム映画みたいな、いつまでも心に残るような作品は、めっきり少なくなりました。。。

残念ですね。

Jjj_025_3

神父さんもエキストラさん。洗濯物は演出ですが、今もあまり変わりないです。*^^*

« Felice Anno Nuovo, 2010 ! | トップページ | 暴君ネロの別荘跡 »