トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

Via del Baluardo

今日は、私の住むボルゴ・メディエバーレのお話。
中世地区の名の通り、中世に建てられた城塞の中にあります。


Uouo_088
これが城塞の大通側。反対側は地中海。
一番手前の塔の下が私のアパートで、この塔にアパートの階段から登れます。

塔の上で、お天気のいい日にはお洗濯したリネンシーツを干しています。
ただ、ツバメとカモメの落し物が怖いのが、難点・・・*^^*

Uouo_046_2 
こちらが、城塞の中への入口です。

Uouo_042
アパートの所在地:Via del Baluardo (ヴィア・デル・バルアルド)

Uouo_077
外から見ると丸い塔なのに、城壁の内側から見ると、四角い、、、その不思議。
塔の中にも、住んでる人はいる!でも住心地はどうかなー?
半円&不等辺四角形の部屋って・・・

Uouo_056
地区の真ん中の広場の水飲み場
この水は湧水です。飲めます。鳩も飲んでます。
階段を降りるとヨットハーバー。その手前にゴウゴウと、もったいないくらいの(笑)水が、湧き出ています。
この湧水があるから、街が出来たんだそうです。。。う~ん、納得。

また、ローマ時代からの街なので、ちょっと掘るといろいろ 出てくるらしく、

Uouo_060 昔の石の車輪やら・・・
Uouo_064  ローマ時代(?)の円柱の一部・・・
Uouo_068 昔のアンフォラ(壺)が、
横の壁に埋め込まれ、イタリアらしい
遊び心を感じさせてくれます。

Uouo_086
城壁の外にある、ネッツゥーノ(ネプチューン)の噴水。
街のシンボルではありますが、コインが投げ込まれることは無く(笑)彫刻の出来としては、ローマのバロック彫刻群に比べると、残念ながらイマイチでございます。*^^*

2010年1月19日 (火)

暴君ネロの別荘跡

このところ、どっぷりグレーな冬の日々だったのですが、この前の土曜日、久しぶりに気持ちのいいお天気だったので、6キロ離れたお隣の町Anzio(アンツィオ)まで、自転車で散歩してきました。*^^*

ここは、あの皇帝ネロの生誕の地で、海岸沿いにその別荘跡が残っています。

Nnn_067左に海、右手に別荘の壁跡。夏の夜には、この壁の前でギリシャ悲劇が演じられます。

母や師、そして妻まで殺し、ローマに火をつけ、キリスト教徒を迫害・惨殺した、その狂気ぶりから暴君と呼ばれたネロ。
最後は自分の喉に剣を差して、自らの命を絶ちます。

Nnn_095 その崖の上には、別荘の土台が残っています。


『奢れるもの久しからず・・・』

Nnn_008 専用(?)の、船着場跡。

しかし、当時の異常な権力争いや親子関係から、その狂気は、いったいどこから来たのか?
時代が、一人の人間を狂わせていった・・・とも、考えられるのです。

Nnn_047 静かに翳りゆく、冬の地中海

今も昔も変わらず、寄せては返す、波。

解放奴隷の女性を愛し、音楽好きだった少年の頃・・・翳りゆくさざ波を見て、心穏やかなひとときがネロにもあったのかな・・・・・と、思った夕暮れでした。

2010年1月10日 (日)

ソフィア・ローレン自伝の撮影

ちょっと前の話なのですが、去年の10月に、私の住む街のボルゴ・メディエバーレ【中世の地区】で、イタリアを代表する女優のソフィア・ローレンの自伝の撮影が行われていました。

Jjj_017_3

真中のピンクの帽子の女優さんが、ソフィア・ローレン役。

貧しい幼少時代を過ごしたナポリの外れの街、、、そこに里帰りしているという設定だったようですが、エキストラの子供達の1940年代の衣装が、甘く懐かしく良い雰囲気でした。

Jjj_022_2

リハーサル中のエキストラの子供たち。手前はスタッフさん。

ソフィア・ローレンと言えば、私にとっては、やはり、1969年のマストロヤンニ共演の

『ひまわり』。

今でも、涙なしには見れない名作です。

彼女は写真だけ見ると、目と口と胸の大きな、ちょっとおっかない女の人ですが、(子供の頃、何でこの人が美人なのか、ずーっと疑問に思ってました・・・笑)演技力はどこまでも深く、圧倒的な存在感、南イタリアの女性像を象徴する逞しい女性を演じたら、右に出る人は今も居ません。

75歳の現在でも、お綺麗です。

このところの映画って、CGの多用ばかりで、昔のイタリアのリアリズム映画みたいな、いつまでも心に残るような作品は、めっきり少なくなりました。。。

残念ですね。

Jjj_025_3

神父さんもエキストラさん。洗濯物は演出ですが、今もあまり変わりないです。*^^*

2010年1月 5日 (火)

Felice Anno Nuovo, 2010 !

あけましておめでとうございます。

健やかで、いいことたくさんの、心穏やかな佳き1年となりますように・・・
また今年も、皆さまと、アンティークの素晴らしさや美しさを、一緒に楽しんでいけたら
幸いです。

さて、ずっとやりたかったブログを、やっと始める運びになりました。*^^*

イタリア・ローマ近郊の、Nettuno(ネッツゥーノ)という小さな地中海沿いの街から、日々の生活で感じたことから、ちょっと面白い出来事、イタリアの食べ物のお話、また、特に好きな美術・建築関係の記事を、なるべくこまめにお届けしたいと思っています。

遠い日本から、Early Summer&Tesoro*をいつもご覧になっててくださる皆さまに、
楽しみにしていただけるようなブログになるように、頑張りますね。*^^*

今年もどうぞよろしくお願い致します!

Early Summer&Tesoro*  碓井朋子

トップページ | 2010年2月 »