« 窓辺の美しさ・・・ | トップページ | バロックの怪獣庭園 »

2010年4月13日 (火)

ルネッサンス時代の衣装

アパートの近くに、レオナルド・レオナルディという、かの天才のお名前を立て続けにした名前のシニョーレのお店があります。お店では、近くの浜辺に合いそうなサンダルやバック、洋服など置いているのですが、このおじさん、なかなかその名前に負けない、多才な人。

本職は、『舞台衣装制作』。
Arte70_003
『ロミオとジュリエット』に使われたような、衣装です。Arte70_034
カボチャパンツの作りはこうなってたのね。ふんふん、納得。でも、重そうだわ~。
Arte70_022

この方が、Leonardo=Leonardi氏。水彩画も上手なんです♪
ミシンも使いますが、ブレードや真珠を縫いつけたりする作業など、手縫いの部分も多いとのこと。
展示の衣装は、すでにテアトロ(劇場)にて使用されたものなので、1体7万円ぐらい。
新品だと、その倍だそうです。ご興味のある方は、お申し付けください。*^^*

確かにイタリアはオペラ発祥の地。舞台衣装制作の発注は、外国からもあるそうな。


Arte70_015
こちらは、英国スタイルの、お帽子。

Arte70_026

ルネッサンス期独特の、帽子(頭飾り?)と、エリザベスカラー。

Arte70_042
5月7日のお祭りの日の、レオナルド氏の時代衣装でのパレードのポスター。

ぜひ、この街の選りすぐりの美男子&美女に、着こなして頂きたいものです♪
また、その様子も、ブログでご紹介しますね。*^^*

« 窓辺の美しさ・・・ | トップページ | バロックの怪獣庭園 »