« バロックの怪獣庭園 | トップページ | 初夏を告げる、地元のマリアさまのお祭り »

2010年4月27日 (火)

海老とズッキー二のスパゲッティ

さて本日は、友人のマルチェッロ氏の料理のご紹介です♪

彼は、家の近くのレストランのオーナーで、ワインの愛好家でもあります。
郷土料理はもちろん、ものすごく創造性の高いヌーベルキュジ―ヌ(あっ、これではフランス語ですね!イタリア語では、クチ―ナ・ヌォ―ヴォかな?)も、得意です。

Aprile_006
初夏の日差しにふさわしい、滋味溢れるスパゲッティと、それに良く合う白ワイン。

Aprile_012_3
ああ…写真を見てるだけで、、、パブロフの犬になります。
キレイな写真を撮ろうと苦戦している私に、『何やってんだ?早く食べろ!』と、お達しが・・・

実は、海老・蟹や貝が大好きな私。
高まるコレステロールも、見て見ないふり・・・アナタ、人生は短いのよっ!

このスパゲッティも、2種類の海老から滲み出る滋味がしっかりとからまり、ぺぺロンチーノ:唐辛子(←なぜかここでは魚介料理によく使います)の、僅かにピリリとするアクセントで、箸が・・・いやフォークが進みます♪

≪海老とズッキー二のスパゲッティ≫
材料:4人分
海老:8尾
小海老:20尾
スパゲッティ:320g
チェリートマト:12個
ズッキー二:2本
オイル漬けのアンチョビ:4尾←
辛味と風味づけに良く用いますが、無くてもOK
オリーブオイル・ニンニク・パセリ・ぺぺロンチーニ(唐辛子):適量

オリーブオイルに、ニンニク2カケを潰したものを弱火で炒めて、香りが出たらニンニクは取り除く。
ズッキー二は細切りにし、上記のオリーブオイルに入れて、塩少々をふる。
アンチョビを、細かく切って、上記の中に入れ溶かせる。
パセリを刻んで入れる。
4個のチェリートマトを、細かく刻んで入れる。
8個のチェリートマトは、ヘタを付けたまま、入れる。(飾り用)
海老と小海老と、種を取り小さく刻んだぺぺロンチーノ(お好みですが、大体2カケ位)を入れる。

・・・この間にパスタを茹でておく。・・・でも指定時間より3分前に、湯揚げする。

このソースに、パスタの茹で汁をお玉2杯分入れる。
フタを閉めて、5分強火で ソース内の材料を柔らかくし・・・そしてパスタを入れて、水分を飛ばしながら、パスタとソースがクリームのように絡まるよう、よく混ぜ合わせる。

お料理は何でもそうですが、これもタイミングが大事。
3分前に茹であげるパスタと、ソースの仕上がりの競り合いっ!

うまく出来た時の満足感は、またひとしお・・・*^^*うふふっふ*^^*

さて、このパスタに良く合う、≪Antonutti≫の白ワイン♪

Aprile_032
Visterrae・・・アロマーティコの名の通り、とても香り高く、熟成された白ワイン。
18ヶ月間、ボトルで寝かされています。

こちらのワイン、パスタと一緒に頂きました。*^^*
蜂蜜とエキゾチックな果実のような香り。口の中に含むと、その香りが長い間残ります。グラスを回すと、ワインの涙が出来て、グリセリン(油分)が多く含まれているのが分かります

Aprile_048
とても印象深い白ワインでした。女性好みだとも思います。1本35ユーロです。

もう1本、お勧めは・・・
Aprile_027
Sauvignon・・・2009年もののソーヴィニオン。アルコール度数12.5%で軽め。
爽やかな苦いレモンのよう・・・軽い魚介類の料理によく合う。1本20ユーロです。

Aprile_040
マルチェッロ氏。青空みたいな目と、気さくな人柄。見た目より照れ屋さん。笑。

イタリアの、まだまだ隠れた美味しいワインを、ぜひぜひ日本の皆さんに味わって欲しいそうです。
今回ご紹介したワイン、販売しています。
ご興味のある方は、お問合せくださいね。*^^*

 

« バロックの怪獣庭園 | トップページ | 初夏を告げる、地元のマリアさまのお祭り »