« 2011年3月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年5月

2011年5月10日 (火)

たかがアーティチョーク、されどアーティチョーク

今日は、このところマイブームなアーティチョーク料理について・・・
イタリア語では、カルチョーフィと呼びます。
春先から初夏まで市場に出回る、朝鮮アザミの蕾で、ドッサリと積まれたアーティチョークを店先に見つけると、『ああ~、春なんだな・・・♪』と思う、旬の野菜です。

お味は・・・というより、味はあんまりないかな~?
その歯触りと、食べていると鼻の奥に広がる微妙な香りを楽しむって言った方が良いかもしれません・・・
春先の風物詩という点でも、また食感の点でも、私はタケノコに似ていると思います。

でも、なかなかアーティチョークの良さが分からなくて(笑)、イタリア人は独特の風味がおいしい!って言うんだけれど。で、今年は、『ううんっ!カルチョーフィは、うまいぞぅ!』って感じれるまで、料理してみようと心に誓ったのでした・・・*^^*

で、近所のシニョーラのアドヴァイスと、私の好みを混ぜて数回の試作を繰り返し(←オーバーな・・・笑)、完成したレシピがコチラ・・・
Carciofi_014 2種類のアーティチョークを用意しましたが、お味は変わらないみたい・・・。
材料は、アーティチョーク・じゃがいも・ニンニク・ベーコンを適量で。

Carciofi_016 直径8~10cmぐらいあって、結構、大きいんですよ~。
アーティチョークを初めて手にして、まず迷うのは、『いったいどこを食べるのさぁ~?』ってこと。中の柔らかい部分に至るまで剥いていきます。花弁の先には棘があるから(←なんたってアザミですからねっ。*^^*)、気を付けて!

Carciofi_017うーん、このぐらいでいいかな~?

そして、棘部分と、先っぽは繊維質で硬いので、ここもバサッリ!と切り落とします。
Carciofi_020実際食せる部分は、ほんの僅か・・・

アクも強いので、水にさらすとベターです。アクで、剥いていると爪の間が真っ黒になるのだけが、困ったもんです。

Carciofi_025 4つ割にします。

ニンニクをつぶしてオリーブオイルで炒め、香りが出たら取り出し、ベーコンを炒めて取り出し、そこにアーティチョークを入れて裏返しながら良く炒め、下ゆでしたジャガイモと先ほどのベーコンを入れて、粉末ぺぺロンチーノを振りかけ、フタをして蒸し焼きにします。

Carciofi_030 『初夏を呼ぶ、ニンニク風味のアーティチョーク炒め』

カリカリベーコンとジャガイモとアーティチョークの歯触りがそれぞれ違って、Good!な1品です。*^^*
もう一品、イタリア人の友人に教えてもらったレシピも、ご紹介。

Pppix_007こうして見ると、本当にお花ですね。

蕾の真ん中を広げて、詰め物をします。
パン粉とパルミジャーノ・チーズとパセリを混ぜて牛乳で練ったものを、きゅっきゅっと詰めていきます。
うはは♪ おままごと感覚で、楽し~い。*^^*
オリーブオイルでニンニクとベーコンを炒めて取り出し、そこに底を平らにカットして座りを良くしたアーティチョークを並べ、ちょこっと白ワインを入れて、ふたをして蒸し焼き。

Pppix_019 『アーティチョークの詰め物・カリカリベーコン添え』

こっちは、初めてのトライだったのに、想像以上にうまく出来て、『おおおっ!いけるぞーっ!』って感激しました。ベーコンは余ってたから付けたので、本来は無くてもOK。

アーティチョークって、ものすごく鉄分が多いそうです。
健康面でも、女性の強い味方ではないですか・・・!

何事も、ハマると楽しいですね。
今年の春は、アーティチョークと人生を共にした、私でした。*^^*

2011年5月 3日 (火)

木曜日のメルカート

イタリアの普通の町では、大抵週に一度、ローマやミラノなど大きな町では、毎日場所を変えて、『メルカート=青空市場』が開かれます。

私も住む町では、毎週木曜日の午前中です。

Mercatonettuno_001 左がアメリカ人墓地で、その横の道で開かれるメルカート。

この日は、朝早くから、買いだめのお客さんの車で、もう近くの道路はいっぱいです。
生鮮食品から、雑貨まで、大抵の日用品は、なんでもあるんです。
でも、やっぱり、私は野菜類がお目当てかな~♪ 
スーパーに比べれば断然安くて、新鮮。

Mercatonettuno_019
『ヘい、いらっしゃい、奥さん!今日はおまけするよぅ~!』
威勢の良い、リズム感抜群な呼びかけは、日伊同じ。笑。


Mercatonettuno_025
基本的にセルフサービス。
紙袋にササッと入れるシニョーラの手は素早く、野菜を瞬時に見分ける目は厳しい

Mercatonettuno_040 で、少なくなった商品を補充する旦那の手は、もっと素早い!
いいねー、このスピード感!

Mercatonettuno_020_2 お隣は果物のコーナー。旬のイチゴに洋ナシやオレンジ。
イタリアはさすがに果物は豊富。

Mercatonettuno_039 今の野菜の旬といえば・・・アスパラガスに・・・
Mercatonettuno_016
カルチョーフィ(アーティチョーク=朝鮮アザミの蕾)でしょう・・・

Mercatonettuno_022 野菜の苗屋さんは、今がかき入れ時!

Mercatonettuno_043 こちらはチーズやソーセージのお店。
おじさんが切っているのは、イタリアではおなじみの豚の丸焼き=ポルケッタ。

Mercatonettuno_054 ベッドシーツや洋服、靴などの衣料品もあります。
Mercatonettuno_055
ピン留めや手芸用品のお店は、なんだかとても懐かしい雰囲気です。

Mercatonettuno_053 最後まで行ったことないんだけど(笑)、、、
1キロ~2キロぐらい続く、庶民の市場です。

次回は、このメルカートで買った、旬のカルチョーフィのお料理をご紹介しますね♪

« 2011年3月 | トップページ | 2011年8月 »