« アンティークロングチェーン | トップページ | 白磁のスーピエールの陰影 »

2017年2月25日 (土)

18世紀の古いCASSAPANCAのお手入れ

今日は曇ってて、写真撮影もできないし、以前から「やらなきゃ!」と思ってた古いカッサパンカのお手入れをすることに。

CASSAPANCA=カッサパンカって辞書で引いてみると、『中世、ルネッサンス期の収納箱を兼ねた長椅子』と出てくる。

日本語でなんなんだろう、、、と思ったけど、長椅子チェストってところかなぁ?
イタリアでは、古いお屋敷兼美術館みたいなところに行くと、長い廊下とかによく置かれている。

現在では、ベッドの足元側に置いて、羽毛布団を保管したりして使うのが一般的。

リネンシーツの在庫がかさばって、「もう収納場所がないーっ!」って言ってたら、友人から、「ウチの車庫の奥に古いカッサパンカがあるよ」、と言われ引き取ることに・・・

アンティーク市でもよく見かけるアイテムだけど、戦後のものは背が高く奥行きがあって、バウレと呼ばれる収納箱になり、私のスペースには大きすぎる。
大抵、古いものほど低くて細長い。でも古いものはそんなに見当たらないし、第一、市場では高すぎて手が出ないのです。

友人からは、18世紀のもの(1700年代)と言われてたので、期待していたんだけど・・・

Rimg0052

かなり放置されてた模様です。

これは、はっきり言ってだねー、カッサパンカとして作られたものでは無く、農機具などを入れておく木の箱だったものに、後年に脚が付けられているよ。。。うーん、、、ちょっとがっかり。gawk

古そうなことは確かだけど・・・
気を取り直して、お手入れだっ!


Rimg0050
左の缶入りは蜜蝋、右のは天然由来のオイル。

蜜蝋は、家具などの大きなものだと、後で匂いがきつくて部屋にいられなくなるので、今回は少し色付きのパリエリーノ・オイルを使ってみました。

Rimg0053
長年のほこりを拭って、、

Rimg0056
刷毛で、適量を塗る。

Rimg0057
その後、ボロ布で余計なオイルをふき取り。

Rimg0102
中にも塗って乾かします。

Rimg0104
内側のこのヒンジは、オリジナルみたい。ちょっと嬉しい。

Rimg0111xx
完成。どんな感じでしょうか?

上の水彩画と、色味が合ってるのは、すぐ気に入ったけど。
でも、見慣れてくると、なんだかこの寡黙な感じがすごくよく見えてきて・・・

装飾が無いから、他の家具の邪魔も全然しない。
黙って、長い風雪を忍んできたような、、、クルミ材の存在感のみ。

閉めるときにする、重たい木板の音にも満足。
上には、古典刺繍の付いたシェードのランプとか置いたら良さそう・・・うーん。

 

内側に茶紙を敷いて、リネンシーツもきれいに収まりました。heart01

 

しかし、こうやって書いてみると、特にBlogに記さなくても良かったような、、、
たわいのないネタでございました。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。happy01


« アンティークロングチェーン | トップページ | 白磁のスーピエールの陰影 »