« トスカーナ地方の、アグリツーリズモ | トップページ | 英国の銀の刻印 »

2017年10月22日 (日)

ローマのオベリスク巡り

爽やかな、秋の午後。

大学で美術史を専攻した友人が企画するツアーに行ってきました。

今回は、「ローマのオベリスク巡り」。

ガイドさんの説明は、そんなに難しい専門的なことばかり言ってるわけじゃないんだけど、いつまで経っても乏しい私のイタリア語力では、全部は分からないのが残念。
テルミニ駅を降りて、まずは、官邸のあるQuirinale 広場まで徒歩。
歩くにはちょうど良い、気持ちのいい気候です。
Dsc01927
バスを待って乗り継ぐより、歩いた方が早く着く距離です。笑。
住んでるNettunoは小さな町なので、久しぶりにローマに来ると、いや~、ウィンドーが華やか~♪ついつい、目が行っちゃう。*^^*
Dsc01928xx_2
憧れブランドのMaxMaraにも、素敵なニットが・・・
Dsc01932xx
最初のオベリスク。アウグストゥス帝の時代に、エジプトから持ってきたもの。
基本的に、オベリスクは、エジプトからの略奪品。
ガイドさんに、買うことは無かったのか聞いてみましたけど、帝政ローマ、そんなフェアなことはしなかったようです。
Dsc01936xx
ツアーの中に2m20cmぐらいの青年がいて、みんなで「オベリスクさん」って呼んでました。笑。
さてさて、ここからトレビの泉を横切り、パンテオン方向にローマの裏道を歩いていきます。
途中のコロンナ広場には、2番目のオベリスク、、、ではなく、これは193年建設の、戦勝記念の柱。
Dsc01939xx
びっしりと、ローマ時代の戦いの情景の浮彫で埋め尽くされています。
Dsc01947xx
2番目のオベリスク。 l’obelisco di Montecitorio
 
このオベリスクの頂上の球体には光を取す穴が開けられてて、日時計として使われたのです。
Ddeddde
で、広場の床には、当時のものじゃないけれど、日時計用の目印が刻まれています。
Dsc01949 途中、切り売りピザで、休憩。
Dsc01951 ズッキーニピザとワインで2.30ユーロ。
小腹が満たされ、また元気よく出発~!
ローマの裏道、ちょっと迷いながら、GoogleMap頼りに、パンテオンに到着です。
Dsc01964xx
いつ見ても素晴らしい。ほぼ建設当時の形を保つ、ローマ時代のパンテオン神殿です。
この前のオベリスクはそんなに高くないのですが、ファラオ・ラムセスのものです。
下がバロックの彫刻の噴水になってて、大きく見えるよう盛り上げられています。
そのパンテオンのすぐ後ろの、ミネルバ広場の、有名なベルニーニ構想の象さんの彫刻の上のオベリスク。紀元前6世紀??の古いもの。
Dsc01953cc
ミネルバ教会のファサードが修復中で、それに背を向けて、象さんのお尻からの撮影になりました。
 
そして最後のオベリスクのあるナボォーナ広場へ・・・
日が暮れてまいりました。急ぎましょう。
幸いに、同じ地区ですぐ近く。
Dsc01977xx
これまたベルニーニ構想による、世界の有名な4つの河を表した大きな噴水。
ところが、このオベリスクは、エジプトのものを真似て、ローマで制作されたそうです。
へー、そうなんだー。知らなかった~。
Dsc01978
日が暮れても、賑わう広場
ナボーナ広場周辺は、古いローマらしさが残ってて、素敵な界隈。
車が入らないのも良いです。
年末はべファーナ魔女の市も開かれて、庶民的に?賑わいます。*^^*



« トスカーナ地方の、アグリツーリズモ | トップページ | 英国の銀の刻印 »